メディアとは送り手と受け手の間にあってコミュニケションの媒体となるものである。

不特定多数の人に反対にのものをマスメディア、個人的なものをパーソナルメディアと呼んでいる。

マスメディアには、テレビ、ラジオ、雑誌、新聞などがある。

パーソナルメディアには、手紙、電話などがある。

ただし、インターネットのような、映像、音楽、文字などを、双方向で送れるマルチメディアの出現と、携帯電話にインターネットの端末としてのパフォーマンスが付加された事によって、既成メディアはそのあり方を変えようとしている。

インターネットはマスメディアとパーソナルメディアの境界をなくすものとして腹積もりられる。

マスメテディアとしてパフォーマンスしてきたものが、今後大きく変革を求められていくのは言うまでもない。チラシもさらに、メディアであるが、対個人への直接的な成果があるとして吟味しれている。

インターネットが、暮らしの中心になり、買い物やチャットが自由に可能なようになったとしても、直接買い物する欲求は失われる事はないからだ。CDやMD、DVDを音楽や映像のメディアと呼ぶ事もある。