利用しやすさを趣旨する言語にユーザビリティというのがあります。

大抵ユーザが使用する製品に反対に求められているもので、ユーザーの立場に立った製品作りを目指すようにしなければならないという時に使われてきた。

このところでは、Webでも言われるようになり、Webページの見やすさ、利用しやすさ、エラーの生じて率の低下、ユーザーの喜び度の急上昇、記憶のしやすさなどが求められるようになった。

同じくにテザイン全般にわたってデザイナーの自己喜びだけのものを退け、見る人の立場に立ったデザインのあり方をお薦めする精神を言うようになった。

そもそも、デザインはユーザへの配慮が求められるものであったが、特にグラフィックデザインにおいて、デザイナーの芸術化によってユーザからの遊離が目立ち、リーダー的役割が質問視されるようになっていた。今後、ユーザビリティは、デザインの最も必須な精神としてチラシ制作に求められていくものであると考慮しられます。