極端な言い方をすれば、チラシは経済を支えている。

 

その上、支出者のもっとも自分の手の届く範囲なところでパフォーマンスを発揮している。

 

普段暮らしの根本を支えているチラシのデザインが、評価されていい要因がここにある。

 

デザインは人を動かしてこそ美点があるからだ。

 

こうしたメディアであるからこそ、デザインをフルに応用する必須がある。

 

これまで、折り込みチラシのデザインは、専門の法人が担当してきた。

 

そこに、驚くべき意匠のスキルが発揮されている。

 

それはデザインの究極の技法と言っても言い過ぎではないだろう。

 

そして、他にのチラシにも、大きさの遣いこそあれ優れたものが少なくない。

 

映画や演劇のためのチラシには、芸術的要素が見る人を楽しませている。

 

チラシには、伝えるべきメッセージが絶対ある。

 

セール、アイテム情報、イベント公表など種々の目的によって、異なった戦略でデザインされている。

 

その主な働きは、知らせる、習得させる、行動させる事である。

 

知らせるためには目に付きやすく、関心を引くものでなければならない。

 

把握させるためには適切な材質を用い、理解いただけやすいデザインが必須だ。

 

行動させるには、得する情報、サービスが盛り込まれなければならない。

 

デザイナーはこの3つのパフォーマンスをセットするために、色や形、その上文字を使っている。

 

それがコンピュータで作られようとも、見るのは人である。

 

人の心に訴えかけるデザインをする事が、デザイナーの使命なのである。

 

ただそこにアイテムと費用が印刷されていれば人は動くわけではない。

 

そこに得心していただこうというプ口意識があり、心を温めるサービスがなければ、人は動かない。

 

チラシ制作は、デザインの叡知が集約されているものなのである。