広告において真実をより誇張して表現する事。

誇張広告をする事によって実態とは異なる製品、サービスを押し売り、利益を上げようとするものである。こうした事は、広告倫理からして許される事ではなく、今の時代では法的にも規制されている。

薬やタバコなどは人体に与える影響が大きいとして、より厳格な規制を設けている。

通例、規制があるなしに関わらす、広告は真実に基づいて制作すべきものであり、虚偽のあるいは紛らわしい表現を用いて、集客もしくは売買してはならない。

デザイナーはそうした倫理観を持つ事を誇示しとする業務である。